かなぴすの「エンタメに恋して」

メディア学科卒・エンタメ大好き女子が独自の視点で書き綴ります✎☡ 𓂃𓈒𓏸(記事中敬称略させて頂いております)

【ドラマコラム】『失恋ショコラティエ』を観たことがないからモテない

f:id:kana0o0:20200701170008j:plain

 

失恋ショコラティエを観たことがないからモテないんだよ」

 

 高校時代にハンバーガーショップで隣に座っていたお姉さんの言葉が、今でも印象に残っている。隣に座っていたのは三人組。そこでは、「彼氏欲しい~」「てかまず私モテないし!」という女子特有の『モテないマウンティング』が繰り広げられていた。そこでマウンティングに乗らず、「失恋ショコラティエを観たことがないからモテないんだよ」という爆弾発言を投下したお姉さんは、今頃その二人とは確実に縁が切れているだろう。なぜ、二人が失恋ショコラティエを観ていないと決めつけたのかもよく分からない。

 

 嵐のドラマを観ないと次の日の話題についていけないというほど、全盛の嵐ブームだった私の高校時代。もちろん、嵐のドラマはきちんとチェックしていた。しかし、『モテ』目線では観ていなかった。松本潤さん演じるショコラティエの小動爽太が一途でカッコイイだとか、溝端純平さん演じるオリヴィエ・トレルイエが可愛いだとか、そんな所ばかりに目が行ってしまっていた。

 

 そのお姉さんの爆弾発言を聞いた時、まだドラマの放送は1話だったため、私は、『モテ』目線で失恋ショコラティエを観ることにした。石原さとみさん演じるTHE小悪魔モテ女紗絵子の行動を見て、勉強を重ねた。

 

 私の恋愛観を一番変えたのは、水川あさみさん演じる薫子と爽太の会話。ちなみに薫子は、紗絵子とは対角に位置するキャラクターだ。「爽太くんが紗絵子さんのこと、いつまでも好きでいられるのも、正直不思議だと思ってるよ。いかにも男ウケ狙ってますっていうの分かってて、なんで冷めないのかな」と言った薫子に対して、爽太は、「いや、だって見え見えだから可愛いんじゃん。見えなかったら可愛いって思えないよ。男って鈍いからさ、見え見えぐらいがちょうどいいんだって」と返した。その台詞を聞いた時、私は衝撃を受けた。見え見えだから可愛い?だけど確かに、「見えなかったら可愛いって思えない」のは事実だ。女は、同性が男に媚びたり、ぶりっこをしているのを見た時、「バレバレなのに何やってんの?」と思ってしまう。ただ、男からしたら、そのバレバレなのが可愛いらしい。

 

 それから私はほんの少しだけ、バレバレのアピールをするようになった。相手が10分後に来たから、こっちも10分置いて…などというメールの駆け引きもやめた。紗絵子が、「私は返したい時にすぐ返しますよ。返事が遅れて喜ぶ人はいないだろうし」と言っていたからだ。

 

 結果、『失恋ショコラティエ』により、私の恋愛観は大きく変わった。変なプライドは損をするだけ。好きな人には、きちんと好きですアピールをする。それから、一気にモテ始めた…かは分からないが、恋愛をするのが楽しくなった。

 

 まだ、『失恋ショコラティエ』を観たことがない人には、ぜひ観て欲しい。誰かに、「失恋ショコラティエを観たことがないからモテないんだよ」と言いたくなるはずだ。…言うか言わないかは別として。